中島としかつ公式サイト 

ダウンロード
政治活動報告会とタウンミーティング津幡町
7月20日(木)19:00~津幡町文化会館 シグナスにて。
7月14日、7月20日、タウンミーティング津幡町ちらし.pdf
PDFファイル 1.1 MB
ダウンロード
中島としかつ政治活動報告第4号
2023年5月5日発行
中島としかつ政治活動報告NO.4号.pdf
PDFファイル 540.9 KB

わたしがなぜ政治活動をすることになったか、ここで話します。

 

2020年の春、世の中が新型コロナで騒ぎ、始めたとき、私は茶番を確信していた。

 

以前より、フジテレビ系『ホンマでっか!?TV』等のメインコメンテーターの一人でもあり、著書として

 

 「ウソだらけ間違いだらけの環境問題」

 新型コロナ」

 「EV・脱炭素」

 「SDGs」の大ウソ」

 今、心配されている環境問題は、実は心配いらないという本当の話」

 

などを書かれている工学博士/元中部大学教授である武田邦彦氏の公式チャンネル

 

 

政治経済・文化、社会、外交・国際情勢問題などをデマや偏った言論に惑わされることなく、真実と科学的知見、国際感覚及び国益の観点から情報を発信されている

松田学氏の公式チャンネル子守唄のように毎日、視聴していたからです。

 

・地球温暖化問題の真実

・食事の安全

・農業の問題

・子供たちの自己評価を下げる現代教育の問題

・日本経済がダメな本当の理由

・ワクチンの危険性やコロナの真実

・ウクライナ情勢

・なぜ国民はこれだけ増税に反対しているのに、国会で増税が決定していくか 

 

 

両チャンネルとも、テレビでは絶対に放送されない内容ばかりで、そこで語られている、知られざる真実には、毎日が衝撃を受けていました。

 

これではいけない。。。

 

 

しかし事態は急速に一方的に進んでいきます。

 

安倍総理、菅官房長官、加藤厚労大臣も官邸で理解していたはずなのになぜ。。

 

 

 

騒動はどんどん煽られ、10月にネットでも配信された某世界会議でのパンデミック・シュミレーションそっくりに進行していく。

 

そしてワクチンの登場。

来たか。。。

 

武田氏、松田氏の発信していたとおりになった。

 

ワクチンは、安全を確認するには5年以上の治験が必要なのに。

 

2週間で変異するのに。

 

 

何よりもショックだったのは、YouTubeの”規制”でした。

 

ワクチンの危険性を訴える動画はことごとく削除されていきました。

 

どちらが悪いと結論づけるつもりはありません。

 

世界の全ての人が、ものごとの優位性と危険性、両方の視点で情報を聞いて理解した上で、判断できるのが正常な世の中ではないでしょうか。

 

それなのに、なぜ危険性の情報だけを、そこまで規制し、徹底的に隠そうとするのか。。

 

テレビなんて、そちら側の情報については、一切触れようとしません。

 

ここまでやるのか。。なるほど。

 

「恐ろしい」という直感的恐怖が身体を突き抜けました。

なぜこんな情報統制がまかり通るのか。

 

これは本当に現実なのだろうか。

  

なぜNHKや国会で情報統制を問題にしないのか。

なぜ、全部の政党が全く何も言わないだ。

なぜ反対する政治家がひとりもテレビに出てこないのか。

 

国会議員700人以上、全国で3万人以上の政治家がいるのに。

  

同じことを繰り返す専門家。

対策もいっしょ。検証もしない。

 

反対側の意見が出てこない。

 

「みんなを守るために。」という日本人の気質を逆利用。

 

マスメディアの煽りに、病院、事業所の同調圧力。これは誰がどうみてもパワハラなのに。

 

なぜパワハラをしていると気づかないのだろう。

不思議な光景だった。

 

家族も、友人も、職場も分断された。

恐ろしいと思った。

 

なぜ周りはおかしいと思わないのだろう。

なぜ簡単に人体実験に参加するのだろう。

 

これまでの医療、科学、論理的思考を、すべて吹き飛ばした世界。

 

何を言っても抹殺。

 

話も聞いてもらえない。

いや話ができない。

 

 

一番つらかったのは、大事な職場の仲間に、腹を割って真実を伝えられないことでした。

 

仲間のために、自分の部門の経営を守りたいという一心で仕事をしてきました。

 

会社は従業員のもの、みんなのもの。

今でもそう思ってます。

 

それなのに、大切な仲間と、お客様(高齢者、障がい者)に思っていることを伝えられないのは、とても苦しかったです。

 

そして、とうとう子どもにまで。

生後6か月の赤ちゃんにまで。

 

なんで。年に何回も注射。同じものを。

 

2週間で変異するのに。

30日で抗体が落ちるのに。

多くの死亡事故も起こっているのに。

 

「(新型コロナワクチン接種と死亡事例の因果関係を考える勉強会)で厚労省の面々を相手取り怒りをぶつける福島雅典京都大学名誉教授。」の動画

https://onl.la/nG8vAMh

youtubeではすぐに削除されてしまったので、ツイッターの動画を参照

 

 

ほとんど報道されることもなくYouTubeでも、ことごとく削除されていきましたが、ワクチンの被害者となった方々(その家族)と、厚生労働省との対談の動画を見ると、ワクチン副反応で悲惨な死亡事故たくさん起こっているにも関わらず、徹底的に隠されていることが分かります。

 

ぜひ一度見てみて欲しいです。

https://onl.la/5x1BTeC

youtubeではすぐに削除されてしまったので、ツイッターの動画を参照

 

 

国はいったい、どこまで暴走するのでしょう。

 

この動画をみて、あなたは見て見ぬフリをできますか?

 

子供たちへのマスクや黙食の強要もそう。

 

表立っては言えないけども「黙食やマスクなどが、子どもたちのストレスやコミュニケーション不足の一因になっている」と不安を感じている親御さんもたくさんいると思います。

 

 

外国では、誰一人としてマスクしていないことは、先のカタールでのワールドカップで、誰もが知ったことだと思います。

参照 https://onl.la/uq4GTaZ

 

 

 

また厚生労働省も、外では原則マスクを外すことと通知しています。

参照 https://onl.la/bXWN9a7

 

 

黙食についても、文部科学省は、給食の時の過ごし方について、適切な対策を行えば、会話は可能とする通知を都道府県の教育委員会などに出しています。

参照 https://onl.la/JSAZZdt

 

なのにも関わらず、外に出ても、ほぼ100%の子どもたちがマスクをしていたり、まだ黙食を解除していない学校もあるとのこと。

 

あなたのお子さんの学校では、どうでしょうか?

 

「マスクをするな、ワクチンは絶対に打つな」とまでは言いません。

 

言いたいのは

 

つける、つけないの自由

打つ、打たないの自由

 

があってもいいのではないでしょうか、ということです。

 

 

 

命より大切なものがある。

 

 

 

高校時代に「鎮魂戦艦大和の最後」を読んだあたりから、そうだろうと思ってきました。

 

心に嘘をついて、立場を守って、人と比べて自分はうまくいっていると優越感に浸って、青春期にバブルまで体験して、これ以上、永らえて生きて、いったい人生は、何のためにあるのだろうか。

 

恩返しをせずに。

勝ち逃げは卑怯ではないのか。

 

先人に申し訳が立たない。

心がこんなに汚れているままでは、死ねない。

 

だんだんそういう思いが募ってきたとき、お年寄りの優しい顔や子どもの無邪気な笑顔がよく飛びこんできました。

 

どの子どもでも愛しく思えました。

なんでこんなに無邪気で可愛いのだろう。。。

 

 

 

私は、定年後は、田んぼで自然農業に挑戦したり、尊敬する武田邦彦先生の教えを学び、後世に少しでも伝えたり、社会的農場(障害者、大人の引きこもり、子どもいろんなひとが農作業と自然で心を整えていく)に挑戦したり。

そんな余生をイメージしてきました。

 

しかし、武田邦彦先生という、政治など出るはずもない先生

 

「今は政治をやるときだ。」

「日本の孫のために全員が政治に出るべきだ。」

と、立ち上がられたのです。

 

 

日本の状況は、それほど厳しいと理解しました。

食料安保で、エネルギーで、医療で、防衛で、教育で、マスメディアで、政治で、そして経済で、日本は完全にやられているのです。

 

何よりも、それに気づかないように、また、気づいても諦めてしまうような意識レベルにされてしまい、心理戦で完全に敗北している。

 

もう日本という国はどうにでも詰んでしまう状態。

 

それでも孫のためにあきらめずに、79歳の尊敬する先生が、命に関わる病をおして、出馬する。

 

この時点で、すでに私のスイッチも入っていたのでしょう。

 

 

 

そして春、神谷宗幣氏と出会うこととなります。

 

富山で講演を聞き、加賀プロジェクトの合宿等に延べ5日間参加することになりました。

 

魂が共鳴してしまったんです。

 

自分は津幡町で加賀プロジェクトをやると言いました。

子どもたちの教育と自然農業のコミュニティを作りたい。

 

完全にスイッチは入り、私の運命は動き出していったのです。

 

1週間後、長崎の恩師に会いに行くことになりました。

これまで九州には、行ったこともありませんでした。

 

そこで、海上特攻隊「震洋」の若者のことを知りました。

 

昭和19年、日本が攻め込まれる危ない状態のとき、日本中から数万の若者が、この無人駅に降り立ちました。

 

そして、この穏やかな海で最後の訓練をしました。

3,500余名の若者が爆弾を積んで突っ込んでいきました。

 

沖縄戦でも活躍しました。

ベニヤ板のボートで。人間魚雷となって。

 

泣きながら、自分の使命について、腑に落ちて理解しました。

自分はまだまだ突っ込んでいない人間だったのだ。

  

長崎でまた、神谷宗幣氏に会いました。

「後ろを守りますよ。」と私は言いました。

 

しかし、本当の自分は、心の中でこう思っていました。

 

「前線で突っ込んで行って御大将を守りたい。」

「自分らのような老兵は、次の世代につなぐ役割をするべき。」

「大将を守らないといけない。」

「あなたを守りたい。」

 

 

10月に、高齢者向けにワクチンのデメリット情報などをお伝えしたいと思いましたが、職場の仲間に止められました。

 

いつも突っ走ろうとする私を、冷静に部下が、特におばさまたちが、ずばり率直に意見をしてくれて、いつも助けられました。

 

最後にまた救われた。感謝しかありません。

 

 

10月17日、会社の心の恩師である青木新門氏(納棺夫日記 著)のお別れ会がありました。

青木氏と会社の創業者とのご縁で、私はこの会社にここまでお世話になりました。

 

そうか。私もここでいったんお別れして、次に行くということなのだ。

 

感謝の思いが沸いてきて、出口で見送りする社長の前で号泣してしまいました。

 

「ありがとうございました。」

自然と心の底から出てきた言葉でした。

 

 

 

単身赴任の富山のホテルの部屋で読んでいた、吉田松陰の留魂録。

 

「あなたはいつまで生きるつもりなのですか。」

 

という一説がとても腑に落ちました。

 

 

自分の「命」の使い方を考えたとき、私が今、こういうことになっているのは、とても自然で、無理がない、まるで運命のような、でも楽しいような、明るい、全く不安のない想いでいっぱいなのです。そして現在に至ります。

  

 

本ページの下に、私の人生観を変えた、神谷宗幣氏の心が揺さぶられる動画を2つ貼っておきましたので、一度だけでいいです、ぜひ見てほしいです。


以下のこと、よく考えてみてください。

・なぜ大臣や知事が、黙食やマスクの弊害をいっても 実際の現場は変わらないのか?

・なぜ経済不況で、賃上げなし、物価高で、増税も話がでて、そのまま進むのか

・なぜ不登校対策、子育て見守り代行、学童の充実、高齢者・障害者サービスなど「ひとへの投資」の声がうまく反映されずに進んでいくのか。

 誰のせいでもない。原因は、私たちの心の中にあったのです。



わたしの人生を大きく変えるキッカケとなった神谷氏の魂のスピーチ